ロゴ

【伊豆長岡】地方の裏風俗は、なかなか盛況でしたが、私はハピメで出会った女子を選びました

伊豆長岡


伊豆長岡温泉は、1300年前に開湯した、といわれているたいへん歴史の長い温泉地です。

しかし、今現在では「歴史的観光地」というより、「風俗系の温泉地」として有名になっています。といって、ここは旧遊郭だったというわけでもなく、「温泉地の遊興施設」が時間をかけて「本サロ風スナック」へと進化を遂げていっただけようです。温泉街の路地には、いかにも本サロっぽい小さなスナックが軒を並べていました。

先月、得意様の接待をするため、中年男4人でこの長岡温泉を訪れたときのことです。男だけの旅ですから、宴会のあと、訪れる場所は決まっています。

親父同士連れ立って、この「本サロの路地」を視察に歩いてみました。さっそくやり手ババアから声がかかります。ここでは顔見世もOKで、ババアはスナックの中で待機している嬢たちを気前よく確認させてくれました。

ざっくりいってここではどの店でも、若い嬢はタイ人、年増は日本人というラインナップです。

料金は20分10000円。かなりリーズナブルです。得意先の親父たちは、さっそくお気に入りの女子を選ぶと、1人、2人とそのぞれの店の2階へと消えていきました。

でも、私は迷いました。というのも、ホテルをでるまえにハピメで知り合った女子と、アポ取りをペンディング状態にしてあったからです。


伊豆長岡の写真


その彼女はどうやらこの温泉地のコンパニオンをしているみたいで、日本人であること、歳が若いこと、は間違いありません。

もしここでタイ人相手に発射してしまったら、もう精液の残量がなくなってしまいます。

私は一か八かの覚悟で、その日はコンパニオンと会うことを選びました。彼女にメールするとタイミングもばっちりでした。

「ああ、よかった。ちょうど今、宴会お開きになった!」

万が一のことを考えて、この日、大部屋ではなく個室を予約していたのは、正解でした。

私たちは温泉入口で待ち合わせ、私の部屋に向かいました。


ちょんの間の画像


彼女は小柄で、目鼻立ちがくっきりしたとても美人な女子でした。

「コンパニオンなんかしていたら、夜の予約も入らないの?」

「それがさあ、そうでもないのよ。だから、あらかじめ出会い系を使って夜のスケジュールも調整しておかなきゃならないの」

なるほど。それで私とのアポ取りもペンディングにしていたわけですね。

それにしても彼女を選んだのは正解でした。

ちょんの間は20分で10000円でしたが、彼女は同じ料金で3時間近くも私にご奉仕してくれました。

私はエッチに関しては、圧倒的な愛国者です。ええ、世界中で日本人の女子が一番好きです。



女性が多い掲示板サイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。初回無料ポイント付のサイトばかりです

>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © DELI-HELL.com All Rights Reserved.