ロゴ

【東京】都内の立ちんぼ事情はたいへんなことになっています

たちんぼ


若い女子たちの援交活動が、あまりに定着してしまったせいでしょう。昨今都内各所で、親父たちの目を覆うような行動が報告されています。

若者が集う渋谷や新宿などの待ち合わせ場所で、親父たちが女子たちに向かって「おこずかいあげるからホテル行かない?」などと声をかけ、見境なく援交ナンパをくりひろげているらしいのです。つまり、親父たちは(って、私も似たような親父なのですが)若い女子を誰彼かまわず「立ちんぼ扱い」しちゃっているわけです。

しかし、事態をより複雑にしているのは、その中に「本物の立ちんぼ」も紛れていることです。平成の大都会では、昔のように「一般女子」と「立ちんぼ」の棲み分けができてません。(って、まあ、一般女子が平気で援交もしているわけですから、「素人」と「玄人」の境界もなくなっているのですが)まったく都会の援交事情はモザイク状に複雑化するいっぱうです。

先日、池袋で待ち合わせした援交女子は、「立ちんぼ」でした。


たちんぼの写真


いま池袋北口は、国際色豊かな「立ちんぼ市場」と化しています。

中国、韓国系、インドネシア、タイ、中南米に至るまで、さまざまな国の女子(とオカマ)が、街角に立ちながら、同時にスマホを使い、出会い系からも客を引いているわけです。

私がハピメでアポ取りした女子も、その立ちんぼの一人でした。数少ない「日本人の立ちんぼ」だったのです。

「毎日立っているのは、しんどいですから、援交するときは集中的にやっときたいんですよね」

悪びれずそういう彼女は、じつは全然「立ちんぼっぽく」はありません。どちらかというと、ごく普通の女子大生といった雰囲気です。

「最近のおじさんって、ギャル風より、私みたいな感じのほうが誘いやすいみたい。おじさんから、けっこう声かけられよ」

しかし、親父たちは彼女のどこを見て「立ちんぼ」と認識できるのでしょう。立ちんぼマニアでない私には、よくわかりません。


都内の画像


結果的に申しますと、やはりよほどのことがない限り、立ちんぼ女子は避けておくのがいい気がします。

料金設定は「ホ別イチゴ」。つまりホテル代込みで20000円相当ですので、特別高いわけじゃありません。

でも、エッチが「粗い」です。

とくに彼女のように集中的に稼ごうとしている女子は、私を歓ばせようなどはまったく思っておらず、エッチ中も携帯の着信ばかりを気にしています。

彼女は私が射精すると、大急ぎで下半身だけ洗って、嵐のように部屋から去っていきました。



女性が多い掲示板サイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。初回無料ポイント付のサイトばかりです

>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © DELI-HELL.com All Rights Reserved.